本日の教育基本法改悪反対news
いよいよ参議院に舞台が移された教育基本法改定の審議について、福島みずほが、日々最新情勢をお届けします! ぜひぜひごらんいただき、一人でも多くの方に状況を広めて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆本当に悔しい。◆ 

本日12月15日、参議院本会議で、防衛庁省昇格法案と教育基本法改定法案が成立しました。防衛庁省昇格法案に民主党も賛成したことは、本当に残念です。今国会は、悪法二法が成立した歴史に残るひどい国会です。本当に悔しいです。

教育という、子どもについての大事な問題を強行採決したことは許せません。教育基本法を変えければならない理由はありません。総理自身も、教育基本法改定法案がいじめなどの問題の解決にならないことを認めています。教育基本法改定法案の最大の問題点は、「子どものための教育」から「国家のための教育」に教育を切り替えてしまうことにあります。

文部科学大臣は、教育基本法改定法案を自民党新憲法草案との整合性を考えて作ったと答弁をしています。日本国憲法にも合致しているとも答弁していますが、それは全くの詭弁です。なぜなら日本国憲法と自民党新憲法草案は百八十度違うのです。日本国憲法と教育基本法は、名宛人を国家としています。日本国憲法は、国民の基本的人権を尊重するために、「国家に対して」人権侵害をしないための仕組みをとっています。だから、「主権者である国民」が「憲法を守れ」と国家や大臣などに対して言っているのです。近代憲法は、この立憲主義に立脚しています。
一方、自民党新憲法草案と教育基本法改定法案は、その反対で、国家が国民に対して介入し、統制ができるような仕組みになっているのです。日本国憲法は最高法規なのだから、教育基本法は、この憲法にのみ合致するように作るべきです。政府は、教育基本法改定法案17条で教育振興基本計画を作り、それを受けて地方公共団体が基本的な計画を作ることになります。環境整備だけならいいけれど、中央集権的な統制になるのではと大きな危惧を持っています。

またタウンミーティング問題であぶりだされたのは、文部科学省や内閣府が国民を利用し、自分たちの考えに合致した意見をお金を払ってまでしても言わせ、かつタウンミーティングの他の参加者をだまし、国会の審議などで「国民のご意見を聞いてきました」と繰り返してきたことです。ここには、主権者である国民の声を聞くという姿勢はありません。政府の都合のいい考えをやらせで言わせる。これこそ、公権力の介入であり「国家による統制」です。

15日(金)衆議院では内閣不信任案が出され、議論がなされました。参議院では野党四党で文部科学大臣への問責決議案を出し、議論がなされました。社民党は、安倍総理への問責決議も衆議院の不信任案への提出と同じように必要であり、14日(木)に四野党幹事長で決めたことであり、提出すべきだと主張してきました。民主党は賛成せず、最終的に社民党と共産党で出しました。問責決議は出すべきです。

今日言いたいことは三つです。第一に、怒りでいっぱいです。第二に、国会に来てくれた人たち、集会に来てくれた人たち、応援をしてくれた人たちに「ありがとう」と言いたい。本当に励まされました。第三に、これからも平和や教育のためにがんばり続けようということです。成立した改悪法を元の教育基本法に戻すために、これからもがんばりましょう!

スポンサーサイト
ニュース第16号 2006.12.14
強行採決

18時過ぎ、参議院教育特委員会で、教育基本法改定案が強行採決されました。
本当に悔しい。
許せない。

子どものための教育から、国家のための教育に180度変わってしまう。

タウンミーティングについてのレポートが出たが、誰が指示したのか、責任者は誰だったのか、きちんと示されていないままだ。

京都のTMで、子供にも前もって質問をするよう要請していたことが明らかになった。
また、特定の人を参加させないため約50名の人たちが排除されたことも明らかになった。
新たな事実がぼろぼろと出てきている。

民意をねじまげ、疑惑を隠し、強行採決をする。
こんなことがあっていいのか。

明日は本会議ですが、なんとか成立させないため、最後の最後まで全力を尽くします。

ニュース第15号 2006.12.14
教育特最新情報

先ほど9~12時の午前中の審議が終わりました。
その後の理事会の結果、本日午後16時35分より理事会、16時45分~18時まで野党の質疑のみということで審議が再開されることになりました。
与党はその後採決を主張しています。
野党は拒否しています
18時以降、強行採決にならないよう、ぜひ見守ってください。

-----------------------------------------------

■教育基本法特別委員会
参議院16:45~18:00

16:45~17:15 民主党 蓮 舫君
17:15~17:30 共産党 井上哲士君
17:30~17:45 社民党 近藤正道君
17:45~18:00 国民新党 亀井郁夫君

-----------------------------------------------

ほかに、午前中、残念ながら参議院外交防衛委員会で
防衛庁省昇格法案が通ってしまいました。

内閣不信任案、問責決議案を出すかどうか、
野党間でも鋭意話し合いを続けています。

またお知らせします。

熱気ムンムン!!!の国会前の様子。

P1030229.jpg

P1030240.jpg

ニュース第14号 2006.12.13
明日14日(木)の審議! 会期末一日前!!

15日の会期末を目前に、国会回りは朝から晩まで審議を見守る人々でいっぱいです。
私も本日真っ赤な勝負服で、質問に立ち、論争に挑みました。
(参議院HPの国会テレビコーナーより中継の様子がご覧になれます)
参議院インターネット審議中継

本当の大詰めを迎えている国会の教育基本法改定審議ですが、今夜、理事懇談会が開かれ、明日14日(木)の参議院教育特委の審議予定が決まりました。
9時から12時の3時間コースで開会します。
安倍総理出席の総括審議となりました。
採決は未定です。
与党は採決を主張しています。現場で必死に攻防しています。

非常に危ないです。

野党での内閣不信任案提出も視野に入れています。

徹底攻防します。

今日12時に、内閣府タウンミーティング調査委員会の報告書が発表されました。
小泉内閣時の174回のタウンミーティングのうち、
・政府による質問・発言の依頼は全体の6割を超える115回
・「やらせ質問」は15回
・一般の質問者を装って質問させたケースは29回
・国が開催地の自治体などに参加者の動員を依頼していたケースは71回
という数字が出てきました。

安倍総理は責任を取って給料の3ヶ月分を返納すると言いますが、それだけで済む問題なのでしょうか。
教育のあり方の根幹をゆるがす大改定を、疑惑を依然積み残したまま、こんなに拙速に通していく事は、断固としておかしい。
声を大にして言いたい。

今こそ、みなさんの声を、国会の内外からよせてください!!!



ニュース第13号 2006.12.12
明日の審議予定!!

教育基本法特別委員会
衆議院 9時~12時 (いじめ未履修に関する補足審議)
 9:00~ 9:10 自民党 西川京子君
 9:10~ 9:20 公明党 西 博義君
 9:20~10:00 民主党 中井ひろし君
10:00~10:30 民主党 川内博史君
10:30~11:00 民主党 高井美穂君
11:00~11:20 国民新党 糸川正晃君
11:20~11:40 社民党 保坂展人君
11:40~12:00 共産党 石井郁子君

参議院 13時~17時半 (一般審議)
13:00~13:20 自民党 西島秀俊君
13:20~15:50 民主党 浅尾慶一郎君、岡崎トミ子君、山根隆治君
15:50~16:20 公明党 山本保君
16:20~16:45 共産党 井上哲君
16:45~17:10 社民党 福島みずほ君
17:10~17:30 国民新党 亀井郁夫君
昨日のブログでは、総括審議が入るかも、とお伝えしましたが、とりあえず明日は一般審議となりました。

参議院のHPから傍聴できます(事後にファイルから動画を見ることもできます)。
明日は私も質問します。
応援してください。
傍聴券もお渡しできますので、ご希望の方はご連絡ください。(3508-8506)

本日13時からのタウンミーティング問題ヒアリングでは、告発者の報告があり、ついで、各党議員より報告がありました。12月8日に期限を迎えていたTM調査委員会の報告書は、期限を過ぎたのにまだ出てこないこと、明日13日12時に調査結果が出てくることが報告されました。

調査結果はまだ出されていませんが、すでに本日お昼のNHKニュースでは、全174回あったTMのうち15件のやらせがあったとも報道されています。

悪法成立ストップと安倍政権への内閣不信任案提出に向け、引き続き鋭意努力していきます。

ニュース第12号 2006.12.11
教育特委 今のところの確定予定!

今のところ確定している明日以降の予定をお知らせします。

12月12日(火曜)
参議院教育特委 公聴会 13時より16時15分まで
○公述人からの意見聴取
・13時~13時15分 慶応義塾大学塾長 安西祐一郎君
・13時15分~13時30分 日本発達障害ネットワーク代表 山岡修君
・13時30分~13時45分 東京都教育委員会委員長 木村孟君
・13時45分~14時 松山大学助教授 大内裕和君
・14時~14時15分 埼玉大学学生 浅野大志君

○公述人に対する質疑
・14時15分から20分間 岡田広君(自民党)
・14時35分から20分間 鈴木寛君(民主党)
・14時55分から20分間 風間ひさし君(公明党)
・15時15分から20分間 仁比聡平君(共産党)
・15時35分から20分間 近藤正道君(社民党)
・15時55分から20分間 亀井郁夫君(国民新党)

参議院のHPから傍聴できます(事後にファイルから動画を見ることもできます)。
傍聴券もお渡しできますので、ご希望の方はご連絡ください。(3508-8506)


12月13日(水曜)
・9時から12時まで衆議院教育特委開催、積残し議論について(決定)
・午後 与党は参議院教育特委で総理を交えた締めくくり総括審議を行うことを主張しているが、野党は反対している。本日11日(月)の理事会でも依然議論は平行、12日(火曜)12時より再び開かれ理事会に話し合いは持ち越された。

通常であると、法案の審議は、締めくくり総括審議まで行くと採決となる場合が多いです。まだまだ問題が山積であり、拙速審議は断固として受け入れられません。なんとしてでも総括審議の日程設定をされないよう、四野党でがんばっていきます。


*ATTENTION!! 
以前お伝えしたように、明日12日(火)に、四野党で告発者を招いたタウンミーティング問題ヒアリング及び緊急合同記者会見をやります。13時より衆議院第一議員会館第四会議室で行う予定です。
取材等、お待ちしています。(連絡先:保坂展人事務所3508-7070)
ニュース第11号 2006.12.10
ATTENTION!! 国会会期最終週!!

APECに出席中するためフィリピンのセブ島に赴いていた安倍総理が、台風とテロ予告による延期のため、予定より早く帰国しました。
もともとは13日(水)までの滞在予定でした。

会期最終週である今週、教育基本法の審議は、12日(火)公聴会、13日(水)締めくくり総括審議、その後が未定の状態でした。
それが、総理の予想外の早い帰国により、明日以降本会議がいつでも開ける状態になりました。

みなさん、危険水域が非常にあがっています!!
衆議院にかかっている共謀罪新設法案、国民投票法案、参議院に送られてきた防衛庁省昇格法案、これらすべてに大いなる警戒が必要です。

野党間でも、安倍総理に対する緊急不信任案提出ができないか、模索中です。

私はきのう、「安倍総理大臣は、麻生氏のいわゆる非核3原則をめぐる発言を放置している。また、タウンミーティングをめぐる問題や、いじめの問題など、さまざまな教育問題が明らかになっているにもかかわらず、きちんと対応していない」と批判しました。そのうえで、「野党4党は協力して、安倍総理大臣の責任を追及しなければならない。そのためには、安倍内閣に対する不信任決議案を衆議院に出すべきであり、ほかの野党の党首にも呼びかけて、党首会談を開きたい」と述べました。
民主党の鳩山さんや国民新党の亀井さんもこの週末に同様の発言をしています。早期の野党4党の党首会談を呼びかけます。

来たる15日(金)の会期末まで、なんとか悪法成立を阻止できるよう、全力でがんばります。
ニュース第10号  2006.12.8
本日、再び緊急記者会見をしました!!

本日14時15分から、国会内で、社民党の「タウンミーティング問題委員会」として、再び緊急記者会見を行いました。

内閣広報室では、「官邸からの情報発信及び収集分析経費」すなわち、官邸HPやメールマガジンの発行に、過去5年間、毎年7億円以上使用していることがわかりました。一番直近のH18年度は7億2千万円かけています。
計算すると、一日あたり約200万円です。
一日あたり200万円かけて、HPの更新や、メルマガ配信を行っていることになります。
これは、すごくおかしいのではないか。
私自身のHPやメルマガ配信は、かなりがんばっていますが、年間に30万円もかかっていません。
そもそも、国民の税金で、首相一個人の宣伝を行うことは、おかしくはないでしょうか。

メルマガや、タウンミーティングのそもそも趣旨は、国民と政治を双方向でつなごう、ということであるから、それは全面的に賛同します。
ただ、今回のタウンミーティングの件のように、国民の意見が捏造され、そしてそこに巨額のお金がつぎ込まれる、ということは、あまりにも変です。改めて指摘しました。

ほかにも、4野党議員有志が発起人となって作っている「野党タウンミーティング 調査チーム」として、来週12日(火曜)13時より、衆議院第一会館第4会議室で、緊急合同記者会見を行うことも決まったので急遽発表しました。昨日の委員会で質問し、ブログにも書いた松江の告発女性をお呼びし、会見を行う予定です。

なにがなんでも、教育基本法の拙速審議を止めたい。
国会内外の力を、今こそ結集してください。
ニュース第9号  20061207
今日は私は、参議院の教育基本法特別委員会で、参考人質疑と文部科学大臣に対する質問を行いました。

いじめについての問題ですが、松江に住む女性が、文科省が言ういじめによる自殺の件数がおかしいと思い、警察庁に行き、交渉をしました。
警察庁は、コンピューターを駆使して、データを作ってくれました。
2003年の学校問題による自殺(遺書あり)は、中学生10人、高校生20人でした。
ところが、文科省の把握していた学校問題による自殺者の数は、中学生3人、高校生3人でした。
これはおかしいのではないかと彼女は文科省に行き、いじめによる死だときちんと実態を把握してほしいと要望しました。しかし、聞き入れられませんでした。
彼女は、地元の松江市でタウンミーティングがあると聞き、わざわざ内閣府の担当者に会い、要望書を出し、発言させてほしいと頼みます。
タウンミーティング当日、会場におもむき、発言時間に手をあげ続けますが、あてられません。
内閣府は、あたったときの想定答弁を作っておきながら、あげなかったのです。
タウンミーティングで、文科省は、いじめの実態をきちんと把握し直すべきだという発言は封印し、他方、お金を払ってやらせの質問をさせていたのです。

2005年3月5日のタウンミーティングの5日後、彼女のもとに要望書の3項目に対する回答が文科省から封書で届きます。
これが実は想定答弁書だったのではないでしょうか。
せっかく作ったので送ったのではないでしょうか。
警察と連携をとりつつ、実態把握につとめる旨の回答です。

そこで本日12月7日、委員会で質問をしました。
「文科省は警察に連絡を取りましたか?」
銭谷局長の答弁は「全く取っていない」というものです。
文科省は、文書を出しながら、連絡すら取っていなかったのです。
全くひどい話です。
いじめの実態に迫ろうともしていないのです。

ところで、大分市で開かれたタウンミーティングの意見収集(出席するには自分の意見を数行書く欄があります)では、教育基本法についての記載は「変えるべきではない、教育基本法を活かすべきである」となっていました。教育基本法に関しては、こうした、法律を変えない方がいい、という意見しか寄せられなかったのです。
しかし、文科省は「変えるべきだ」というやらせの質問を4項目として準備します。
国民の意見をねじ曲げ、180度違う意見をねつ造する文科省は、民主主義を破壊しています。
教育基本法10条が禁止知る教育への介入そのものです。

教育基本法を、変えさせては、ならない。

来週11日(月)に参考人質疑、12(火)に公聴会の日程が入りました。
その後は決まっていません。
14(木)に採決とされないよう、全力をあげていきましょう!
国会会期末は、今のところ15日(金)です。
がんばりましょう。

ニュース第8号 2006.12.6
明日の教育特で質問します

明日7日(木)の教育基本法に関する特別委員会は、午前が参考人質疑、午後がいじめに関する集中審議です。
9時から18時まで審議予定です(12~13時休憩)。

9時から12時までの参考人質疑での参考人は以下の予定です。

9:00~9:15 明海大学学長 高倉翔君
9:15~9:30 杉並区和田中学校長 藤原和博君
9:30~9:45 古山教育研究所長 古山明男君
9:45~10:00 名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授 中嶋哲彦君

その後10時より12時まで各党委員による参考人に対する質疑があります。
午後の審議は13時から18時までです。

社民党は、午前・午後とも私が質問する予定です。
午前11時20分から20分間、午後15時55分から25分間の予定です。
参議院のHPから傍聴できます(事後にファイルから動画を見ることもできます。傍聴券もお渡しできますので、ご希望の方はご連絡ください。3508-8506)

委員会審議が終了してすぐ、今度は「教育基本法改悪を許すな!市民の絆大集会」@社文ホールに出ます。
当日参加大歓迎です。ぜひご参加ください。
明日は一日どっぷり教育基本法デイになりそうです。


1.日時 : 12月7日(木) 18:30~
2.場所 : 社会文化会館 5F 大ホール
       永田町駅下車 2番出口から徒歩3分
3.名称 : 防衛省法案・国民投票法案・共謀罪法案の成立を阻止し       よう! 教育基本法改悪を許すな!市民の絆大集会
4.主催 : 社会民主党
5.プログラム:
司会・進行  阿部知子 政策審議会長・衆議院議員
主催者挨拶     福島みずほ 党首
教育基本法特別委員会の報告
   衆議院の闘い 保坂展人・衆議院議員
   参議院の闘い 近藤正道・参議院議員
各界からのリレートーク
◎ジャン・ユンカーマン 映画監督
◎斎藤 貴男 ジャーナリスト
◎星川 淳 翻訳家
◎小河 義伸 日本キリスト教協議会副議長
◎高田 健 許すな!憲法改悪・市民連絡会
◎俵 義文 子どもと教科書全国ネット21事務局長
◎西川 重則 平和遺族会全国連絡会代表
◎清水 澄子 平和フォーラム副代表
まとめ 又市征治 幹事長・参議院議員
 
※連絡先 : 社民党平和市民委員会 TEL03-3592-7507  FAX03-3506-9080 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。