本日の教育基本法改悪反対news
いよいよ参議院に舞台が移された教育基本法改定の審議について、福島みずほが、日々最新情勢をお届けします! ぜひぜひごらんいただき、一人でも多くの方に状況を広めて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュース第10号  2006.12.8
本日、再び緊急記者会見をしました!!

本日14時15分から、国会内で、社民党の「タウンミーティング問題委員会」として、再び緊急記者会見を行いました。

内閣広報室では、「官邸からの情報発信及び収集分析経費」すなわち、官邸HPやメールマガジンの発行に、過去5年間、毎年7億円以上使用していることがわかりました。一番直近のH18年度は7億2千万円かけています。
計算すると、一日あたり約200万円です。
一日あたり200万円かけて、HPの更新や、メルマガ配信を行っていることになります。
これは、すごくおかしいのではないか。
私自身のHPやメルマガ配信は、かなりがんばっていますが、年間に30万円もかかっていません。
そもそも、国民の税金で、首相一個人の宣伝を行うことは、おかしくはないでしょうか。

メルマガや、タウンミーティングのそもそも趣旨は、国民と政治を双方向でつなごう、ということであるから、それは全面的に賛同します。
ただ、今回のタウンミーティングの件のように、国民の意見が捏造され、そしてそこに巨額のお金がつぎ込まれる、ということは、あまりにも変です。改めて指摘しました。

ほかにも、4野党議員有志が発起人となって作っている「野党タウンミーティング 調査チーム」として、来週12日(火曜)13時より、衆議院第一会館第4会議室で、緊急合同記者会見を行うことも決まったので急遽発表しました。昨日の委員会で質問し、ブログにも書いた松江の告発女性をお呼びし、会見を行う予定です。

なにがなんでも、教育基本法の拙速審議を止めたい。
国会内外の力を、今こそ結集してください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。