本日の教育基本法改悪反対news
いよいよ参議院に舞台が移された教育基本法改定の審議について、福島みずほが、日々最新情勢をお届けします! ぜひぜひごらんいただき、一人でも多くの方に状況を広めて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュース第14号 2006.12.13
明日14日(木)の審議! 会期末一日前!!

15日の会期末を目前に、国会回りは朝から晩まで審議を見守る人々でいっぱいです。
私も本日真っ赤な勝負服で、質問に立ち、論争に挑みました。
(参議院HPの国会テレビコーナーより中継の様子がご覧になれます)
参議院インターネット審議中継

本当の大詰めを迎えている国会の教育基本法改定審議ですが、今夜、理事懇談会が開かれ、明日14日(木)の参議院教育特委の審議予定が決まりました。
9時から12時の3時間コースで開会します。
安倍総理出席の総括審議となりました。
採決は未定です。
与党は採決を主張しています。現場で必死に攻防しています。

非常に危ないです。

野党での内閣不信任案提出も視野に入れています。

徹底攻防します。

今日12時に、内閣府タウンミーティング調査委員会の報告書が発表されました。
小泉内閣時の174回のタウンミーティングのうち、
・政府による質問・発言の依頼は全体の6割を超える115回
・「やらせ質問」は15回
・一般の質問者を装って質問させたケースは29回
・国が開催地の自治体などに参加者の動員を依頼していたケースは71回
という数字が出てきました。

安倍総理は責任を取って給料の3ヶ月分を返納すると言いますが、それだけで済む問題なのでしょうか。
教育のあり方の根幹をゆるがす大改定を、疑惑を依然積み残したまま、こんなに拙速に通していく事は、断固としておかしい。
声を大にして言いたい。

今こそ、みなさんの声を、国会の内外からよせてください!!!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。