本日の教育基本法改悪反対news
いよいよ参議院に舞台が移された教育基本法改定の審議について、福島みずほが、日々最新情勢をお届けします! ぜひぜひごらんいただき、一人でも多くの方に状況を広めて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュース第5号 2006.11.30
今日は、ショックな怒りの日でした。

「防衛庁省昇格法案」が衆議院本会議で可決されました。
平和憲法がある中で、なぜ、防衛省なのでしょうか。
省にランクアップすることで、権限が大きくなります。
省令も自由に作ることができるようになります。
そして、重要なことは、自衛隊の国際平和協力活動や周辺事態での後方支援活動、在外邦人輸送などの海外での自衛隊の活動(イラク特措法やテロ特措法などの活動)に関し、今まで「規則」に書かれていた「付随的任務」でしたが、今回「本来任務」に格上げされました。
これからは、海外で米軍とともに自衛隊が活動することに大きく道を開いていきます。
自民党は、特別な立法なくして、自衛隊を海外派兵できる法律を準備中です。
自衛隊は、ドラえもんのどこでもドアをあけて、世界の戦場と直結していくことになるでしょう。
民主党が賛成した事も、ガッカリです。
自衛隊の海外活動を本来任務にするこの省昇格法案を、絶対に許すことはできません
参議院での論戦で、がんばります。

また、今日、私は参議院の教育に関する特別委員会で質問をしました。
教育基本法を改定しても、いじめの問題などを解決するものではないこと、現行の教育基本法は国家を名宛人として、国家は教育に介入してはならないとしているけれども、改悪法案は「国民」に「伝統や文化を大切にしなくてはならない」とか、「道徳心を養わなければならない」など、名宛人が「国民」となります。このことは、法の本質が百八十度変わり、大問題である、と大臣に主張しました。

他に、伝統についても質問をしました。
法案2条の、伝統、とは何か。
一義的には答えられません。
夫婦別姓は日本の伝統か、という質問に、日本の伝統である、と伊吹文部大臣は答えました。
ですが、明治時代よりも前、昔、日本は、ずっと夫婦別姓でした。
『政府が「伝統」と考えるもの』が「伝統」とされ、子どもたちに教えることとなってしまいます。

更に、障害者の分離教育にならないように、とも質問をしました。

昨日書いたように、教育特は、連日やっています。
明日も審議です。
私自身は、来週にも、また質問に立つ予定です。また詳細報告します。

共謀罪については、連日、断続的に理事会が開かれています。
明日金曜日は、午前中に理事会がセットされています。
衆院法務委員会の定例日なので、危険です。
ぜひ引き続きウォッチしてください!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。