本日の教育基本法改悪反対news
いよいよ参議院に舞台が移された教育基本法改定の審議について、福島みずほが、日々最新情勢をお届けします! ぜひぜひごらんいただき、一人でも多くの方に状況を広めて下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュース第7号 2006.12.5
国会情勢緊迫!!

国会もいよいよ大詰めに近づき、各法案とも非常に緊迫した情勢を迎えています。

まず、共謀罪ですが、昨日4日(月)夜20時半から22時20分ごろまで長時間にわたる理事懇談会が開かれましたが、話し合いは平行線で、本日5日(火)朝9時30分から再び協議しています。
与党側は、明確に共謀罪と少年法の趣旨説明入りを主張しました。
理事懇談会で承認後、ただちに本日5日(火)の委員会で審議入りをしようと提案しています。
午前10時45分現在、話し合いはまだ続いており、9時50分から開会予定の衆議院法務委員会はいまだ開かれていません。
最前線は、非常に緊迫したやり取りが続いています。

続いて、教育基本法ですが、昨日4日(月)に全国4箇所で地方公聴会が行われました。6日(水)に再び2箇所(山梨と静岡)で地方公聴会を行い、その後参考人を呼んで中央公聴会を開くことまで決まってしまいました。
先日もお伝えしたとおり、野党側の要求を与党は呑んできている、採決を行う条件は整いつつある、と与党に言わせる状態に近づいてきてしまいました。
現場では懸命に闘っていますが、これまで以上に皆様方の応援が必要です。お願いします。

防衛庁の省昇格法案ですが、参議院では明日、6日(水)13時より本会議にかけられることになりました。
その後の審議は、外交防衛委員会で7日(木)に趣旨説明、12日(火)、14日(木)に審議されることが決まりました。このままですと合計12時間程度のみの審議となり、衆議院と比べて少ない時間の審議となるので、現在15日(金)までの臨時国会会期は一週間程度延ばされるのでは、とも言われています。

とにかく、全力で立ち向かいます。
応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。